SEA EGG DIVERS 写真館
swaeggdiversをフォローしましょうこのサイトを含むはてなブックマーク

マダラタルミ(幼魚)

マダラタルミ(幼魚)

2021年11月、弁天島で見つけました。テーブルサンゴの周りでくねくね泳いでた。

和名のマダラは白黒の幼魚期の体色から、タルミは浅海性フエダイ類の別名です。漢字で書くと斑樽見。ちなみに英名もBlack and white snapperと、黒と白のフエダイです。

沖縄ではイナフクとも呼ばれ、お刺身が美味だとか。

マダラタルミ(幼魚)

同じ仲間のホホスジタルミの幼魚によく似てますが、マダラタルミは背鰭や腹鰭がまるっとしていて短く、ホホスジタルミのは長く伸びてます。

魚類・トップに戻る »

写真館 ─ 魚類
サイト内検索